bijoux en perles fait à la main
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
さて、今日はカシス名物「カランク(入り江)ツアー」をご紹介します。

入り江を巡る遊覧船は、カシスの港から出ています。
3つの入り江を回る45分のツアー、5つだと60分、9つだと90分。
船にあまり強くない私たちは、いちばん短い45分ツアーに参加しました。

掘っ建て小屋(のようなチケット売り場)でチケットを買うと(大人13ユーロ、子供は7ユーロ)、目の前の小さな船(20人乗り)に乗せられます。そして10分後には出発。
ハイシーズンなので、きっと待たされるだろう…と思っていたのに、何か肩すかしを食らった気分。
朝だったのでまだ人が少なかったのかな? でも、待たずに済んでラッキー♪

「メダーム・エ・メッシュー。本日はカランク・ツアーにご乗船いただき、ありがとうございまーす。ワタクシ案内人の○○(忘れた)、船長はパトリックでーす」から始まり、ブラブラブラ~(フランス語で 「云々カンヌン」みたいな意味)とカシスの紹介が続きます。

そうしているうちに船は港を出て、右手には「presqu'ile(プレスキル)」が見えて来ます。
プレスキルとは、直訳すると「ほとんど島」。
要するに小さな半島のことなのだけど、このフランス語表記をみるたびに、なんか笑ってしまう。
「ほとんど島」って・・・(^^;)確かにそうだけどさー。
フランス人が見ても、別におかしくないんだろうな(当たり前か)。

このカシスのプレスキルは、高級別荘地。
Google mapで見てみると、プール付きの家が80%ぐらいという感じ。
中にはプライベートテニスコートがあるおうちも!

CIMG0627.jpg
まさに白亜の豪邸

え~、右手に見えますのは、ヌーディストビーチならぬ、ヌーディスト岩でございます。
CIMG0632.jpg

遠目にはよく見えないけど、拡大して左前にいるおじさん3人組を見てみると・・・う~ん、確かに全身肌色です!

プレスキルを回り込み、いよいよ入り江ツアー本番です。

1つ目の入り江「Port Miou」は港になっていて、ヨットが係留されていました。
ヨットがたくさんある時はこんな感じらしいですが、私たちが行った時は出航中の船が多かったようで、もっとまばらでした。

CIMG0641.jpg
城跡らしきものも見える

2つ目の入り江は、「Port Pin」。
松の港の名の通り、白い岩肌にびっしりと松が生えています。

CIMG0653.jpg
何てきれいな海の色!!これをビーズにして持って帰りたい…

3つ目の入り江「En-vau」が、このツアーのハイライト。
奥深くまでズンズン進んで行きます。

CIMG0660.jpg
両側に切り立つ白い岩肌と、エメラルドブルーの海。
まさに私がもう一度見たかった光景!

CIMG0658.jpg
ヨットを係留して水遊びを楽しむ家族。
はぁ~、うらやましぃ。

ここで乗船者全員にバゲットの切れ端が配られます。と言っても、皆で食べるわけではなく、ちぎって海に落とすのです。
そうすると…見る見るうちにお魚さん達がワサワサと。
きゃ~、キレイっ!かわゆいっ!
このアトラクションで一番はしゃいでいたのは、息子ではなく私でした。ハイ。(息子は「おいしそー」って言ってました…)

これで入り江ツアーはおしまい。
港に戻ります。

CIMG0672.jpg
カシス港の灯台

45分なんてあっという間。もうちょっと長いのにしても良かったかな~?なんて、後から思いましたが、船酔いして苦しむのもイヤなんで、これくらいでちょうど良かったのかも。

船なんてぜ~んぜん平気!という方には、マルセイユからのツアーや、お隣のラ・シオタからのツアーがお勧めらしいです。

カランクを歩いて回ることもできるそうなので、足腰に自信のある方はチャレンジしてみてはいかが?

 
スポンサーサイト
テーマ * ヨーロッパ旅行記 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
Cassisは、マルセイユから約20km東に位置する港町です。
ヨーロッパで2番目に高いという断崖と、数々の美しい入り江、それにワインが有名。
読み方は「カシス」または「カシ」。人によって変わりますが、「カシス」と読む方がよりトレンディなのだとか。

ここは別荘地&観光港なので、街がおしゃれで小綺麗な感じで、いかにも「漁港」なマルセイユとは全く違う。治安も悪くないです。

IMGP2149.jpg

今から7年ほど前、シーズンオフに半日だけ訪れたことがあって、その時にみた美しいエメラルドブルーの入り江が忘れられず、いつかまた来たいと思っていました。
でも、「夏はとにかく人だらけ」と聞いていたし、宿も高くて躊躇していたのだけど・・・
やっぱり行って良かった!
幸い今年は例年に比べて人が少ないという話だったし(それでも、午後は「ここは竹下通り?」って言うくらいの人出だったけど・・・)、借りたアパートが中心から外れていたので、渋滞に巻き込まれることもありませんでした。

CIMG0678.jpg
南仏特有の家の色が、青い空に映える

save.jpg
港には個人所有のヨットやクルーザーがずらり

IMGP2144.jpg
ワタクシ的に大ヒットだったレストラン(名前が(笑))も有り・・・

IMGP2147.jpg

IMGP2145.jpg
こじんまりとした浜辺。午後にはここも人で埋め尽くされる

CIMG0620.jpg
向こうに見えるのが有名な断崖「Cap Canaille(キャップ・キャナイユ)」

そのキャップ・キャナイユの突端に登ってみました!(車で・・・)

CIMG0795.jpg
崖の上からカシスを臨む

CIMG0796.jpg
いくつもの入り江が連なる向こうはマルセイユ(見えないけど)

その崖がどれくらい怖いかと言うと・・・下の写真の右上に立っている人を基準に見てください。

CIMG0804.jpg

ひぇーーーでしょう?
柵も「この先キケン!」の立て看板も何もないんです!!
強風の日は、ここに通じる道が通行止めになります(道も怖かった・・・)。
この日も、通行止めにはならないものの、そこそこ強い風が吹いていたので、早々に退散しました。

でも、ここから見る景色は本当に素晴らしい。
マルセイユ方面に行くことがあったら、ぜひ立ち寄ることをお勧めします!

 
テーマ * ヨーロッパ旅行記 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
すっかりご無沙汰してしまっている間に、フランスはもう秋の気配。
まだ夏休み中だというのに、朝の気温はなんと11℃。さ、寒い!!
・・・なんて言うと、猛暑で大変な思いをしていらっしゃる日本の皆様に怒られちゃいそうですが、寒い夏ってのも淋しいもんです
バカンス先でノースリーブに短パンで毎日過ごしていた日々が懐かしい・・・。

今年の夏休みは、太陽と暑さを求めて、南に行って来ました。
南仏大好き!なmimou家ですが、昨年、一昨年と引越しやらリフォームやらでバカンスらしいバカンスを過ごせなかったので、南に行くのは実に3年振り。
「よし。今年は南仏に行こう!」と決めたのがちょっと遅かった(5月半ば)ので、場所選定や宿泊先の予約にちょっと手間取ってしまったけれど、何とか希望の場所で予約も取れて、いざ出発!です。

パリ方面から南仏にはTGVや飛行機でも行けますが、基本自炊の旅なので荷物が多いのと、現地でいろいろ動き回りたいのもあって、車で行くことにしました。

夜明けと同時にスタート
CIMG0542.jpg

現地では調達できない日本食材や、ご飯を炊くための圧力鍋(前回は炊飯器と変圧器を持って行ったのだけど、重かったので…)、マイ包丁や調味料etc... もちろん、海水浴用のパラソルや椅子、クーラーボックスも。枕やシーツ類タオル類も持参するので、そりゃあもうすごい荷物です。
でも、うちはまだいい方なんですよ。リアウインドウから後ろがちゃんと見えてましたから…。
南に向かう高速道路には、自転車を何台も積んだ車や、荷物満載で後ろが全く見えないミニバン、荷車を引っ張っている車、キャンピングカーも沢山いて、そういう車の近くを走る時はちょっとドキドキします。

CIMG0567.jpg

ナンバーを見ていると、オランダ・ベルギーが圧倒的に多い。
やっぱり彼らも太陽を求めて南へ移動するんですかね~。
それにしても、私たちの倍かそれ以上の距離を走るんですよねぇ。すごいなぁ…。

私たちがバカンスに出発した日は、ちょうどフランス中のバカンシエ(バカンスを過ごす人)大移動の日。
空いていれば7時間という道のりだけど、おそらく12時間くらいかかるだろうと予測して、朝5時に出発しました。
抜け道を使ったおかげもあって、リヨンを過ぎるまではほとんど渋滞にはまることもなく辿り着き、この調子なら午後3時頃には着けるかも…なんて淡い期待を抱いていたら、やっぱりそうは行かなかった!
少しずつ車が増え、エクサン・プロヴァンスに近づくととうとう動かなくなった。
途中のPAで遅めの昼ご飯を掻き込み、速攻出発。
最初の逗留先であるカシス(Cassis)に着いたのは、ほぼ予想通りの16時半でした。

今回カシスで滞在したのは、個人が所有しているアパルトマン。
バカンス用に貸し出している家やアパルトマンなどを検索できるサイトを利用して、予約しました。
今回、私が使ったのはこのサイト↓
Vacances-Location.net
この他にも、
Homelidays
abritel
location-et-vacances.com
などがあります。
ほとんどの大家さんが英語もOKなので、フランス語でのコミュニケーションはちょっと…という方でも安心ですよ

電話で待ち合わせしていた大家さんとレジデンスの門の前で会い、アパルトマンに案内してもらうと、そこには広い空と青い海が広がっていました。

CIMG0606.jpg

あぁ、これよ、これ!これぞ地中海。思わず嘆息。そして深呼吸。

アパルトマンの中はこんな感じです。
CIMG0577.jpg

CIMG0607.jpg

カウンターキッチン付きのリビングダイニングと広~いルーフバルコニー。それに寝室が2つとバスルームが付いています。
ここの売りは、何と言っても眺めの良い南向きのバルコニー。
それに、フランスでは珍しいエアコン付き(もちろん日本製!)。
暑ければ窓を開ければ良いし、エアコンなんて…と思っていたのだけれど、実はこれが重要だった!
というのは、プロヴァンス地方には名物の「ミストラル」というものがあったのです。
ミストラルとは、アルプスから地中海に吹き下ろす強風のこと。
カシス滞在中、気温は32~35℃なのに、ほとんど毎日50~70m/sという強風が吹いていたので、窓を開けて涼を取るなんとことはできず、このエアコンが大いに役立ちました。

さて、このアパルトマンの大家さんと話していたら、面白い事がありました。
カシスでお勧めのレストランやパティスリー、近隣のスーパー等の説明を受けている時のこと。
「買い物するなら隣町のAuchanが良いですよ。まあ、V...(我が家から車で10分のショッピングセンター)みたいでロマンティックじゃないけどね」とか「このパティスリーは最高ですよ。P...(我が家の隣町)のパティスリー知ってますか?あそこと同じ位か、それ以上に美味しいんだ!」など、やたらとうちの近所のことに詳しい。
思わず「何で、そんなによく知ってるんですか!?」と尋ねると「実はね、前にP...に住んでたんですよ。だから、お宅の住所を見た時、「あ!」って思った(笑)」と。
メジャーな街ならともかく、パリ近郊在住のフランス人ですら知らない人も多いような街で近所に住んでいたなんて・・・すごい偶然!
ちなみに、その教えてもらった「美味しいパティスリー」のケーキがこちら。

木いちごのタルト
IMGP2161.jpg

タルト生地がサックサクで、それはもう美味でありました。

さて、肝心のカシスの街ですが・・・
今日は長くなってしまったので、街の紹介はまた明日。

こんな港のある、小さな街です。

IMGP2138.jpg


 
テーマ * ヨーロッパ旅行記 ジャンル * 旅行

 

 

 

 
ソー公園の桜ですが・・・

先日「今週末が見頃」と書きましたが、どうやらちょっと後ろにずれ込みそうです。
ここ数日、気温が上がらないのが原因かと。

ソー公園まで見に行ったわけではないのですが、我が家の近所の同じ品種の桜を見ている限り、まだ開いてる花がありません!!

咲き始めたら、またご報告しますね~。
 
テーマ * フランスの生活 ジャンル * 海外情報

 

 

 

 
ソー公園の桜、どうなってるの~?と、各方面からお問い合わせいただいております。昨年よりも情報が遅くて、すみませ~ん。
いろいろと諸用が重なりまして・・・今日やっと見に行って来ました。

さて、現在の状況です。

Bosquet Nordのピンクの桜↓

IMGP1053.jpg

木によって多少の差はありますが、一番日当りの良い木でこんな感じ。
花はまだひとつも咲いていませんでした。
昨年の感じから想像するに、おそらく来週末で5分~8分咲きぐらいかと。
お天気にもよりますけどね。

白い桜は咲いているかなーと、Bosquet Sudの方にも行ってみました。

うーん。こっちも思ったほど咲いてないなー。

IMGP1058.jpg
このつぼみ、かわいいです咲くと真っ白な花なのに、蕾の時は先っぽがピンク色なんですね。

でも、木によっては8分咲きぐらいの木も。
白い空バックに白い花なのでちょっと分かりにくいですが、こんな状態です。

IMGP1068.jpg

 
テーマ * フランスの生活 ジャンル * 海外情報

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 mimou PARIS, all rights reserved.

mimou(ミムー)


Author:mimou(ミムー)

2000年6月に渡仏。カーデザイナーの夫、'97年生まれの息子と共にパリ近郊に生息中。
2006年より「mimou PARIS」として、オリジナルアクセサリーのデザイン・制作をしています。
ビーズ大好き、手作り大好き、アンティーク大好き。
このブログを通じて、ビーズの楽しさや奥深さ、そして普段着のフランスの香りを少しでもお伝えできたらと思います。

ブログランキングに参加中。
一日一ポチずつ、お願いします!


FC2ブログランキング
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ細工へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
blogram

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Locations of visitors to this page

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。