bijoux en perles fait à la main
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
5月10日(火)にパリ郊外のクラマール市で開催される、東北大震災チャリティーイベント「エスポワール・ド・ソレイユ」に参加させていただくことになりました。
このイベントは、パリ近郊在住の日本人・フランス人の様々なジャンルのアーティストが、「日本のために何かしたい」という気持ちの元に集まり、実現しました。
空手やダンスのデモンストレーション、クラシックコンサート、日本舞踊、和太鼓や琴のコンサートなど、盛りだくさんの内容となっています。

また、入り口ホールでは、アルティザンによる手作り品の展示販売も行われます。
私はその展示販売コーナーに、スタンドを出させていただきます。
展示販売は、17時30分頃から開始予定です。

コンサートチケットの売り上げ、展示販売の売り上げは、日本大使館を通して日本赤十字に寄付されます。

尚、展示販売コーナーのみのご来場の場合は、入場無料です。
また、展示販売のみ、翌日11日(水)の9時~18時も引き続き行われます。

パリ近郊にお住まいの皆様、ぜひお友達もお誘い合わせの上、お越し下さい。

お待ちしております!!

affiche JAPON


 
スポンサーサイト
テーマ * フランスの生活 ジャンル * 海外情報

 

 

 

 
突然ですが、髪を切りました。かなり、バッサリと。
別に失恋したわけでも、何か忘れたいことがあったわけでもありませんので、あしからず(笑)。

私は昔から基本的にショート派なので、あまり髪を長く伸ばすことはありません。
でも、この1年半余り、自分でちょこっと揃えた以外、髪に鋏を入れていなかったので、背中に届くほどに伸びていました。

特に伸ばしたかったわけではないのです。
ただ単に、美容院に行き損ねていただけ。
馴染みの美容師さんが日本に帰国してしまい、何となく足が遠のいてしまっていました。

とはいえ、さすがに1年半も経つと、どうやっても格好が着かなくなって来ました。
鏡を見ている分には、まとまっているように見えるのだけれど、写真に写った自分を見て愕然。
この落ち武者みたいな小汚いおばさんは、誰っ!?

そんなわけで、とうとう意を決して(大げさな…)髪を切りに行くことにしました。
しかし、1年半も行っていないと、以前通っていた美容室には何となく顔を出しづらい。
この際、どこか別の美容室を開拓してみようかな・・・と思っていた矢先、夫が中村江里子さんのブログで、代官山SUPERSTARSのパリ店の記事を見つけました。

今をときめく東京の有名ヘアサロンが、パリで営業している?しかも、2009年から?
いや~、全然知らなかった。まったく宣伝していないんだもの。
ダメもとで電話を入れてみると、希望日に予約が取れました。ラッキー☆

通称「日本人街」と呼ばれるエリアの、普段あまり通ることのない通りにひっそりと、パッと見は美容室だとは気付かないような佇まいで、その店はありました。
住所を調べて行ったにも関わらず、思わず通り過ぎそうになったくらい(笑)。

通りに面して全面ガラス張りの店内は、壁も床も家具も真っ白、椅子だけがグレーのシンプルモダンな空間。
蛍光灯で明るく照らされた感じは、美容院というよりは、何かのアトリエか実験室のよう。
スタイリストさんの制服も、わざとくたびれた感じの白衣(クリニャンクールで古着を仕入れているそうです)を使っているので、アーティストみたい。
歩道を行き交う人々も、「何だろう?」という顔で覗き込んで行きます。

まずはシャンプーから。
別室にあるシャンプー台は、日本式のベッドになるタイプで、ふかふかで気持ち良かった(注:フランスのシャンプー台は、座ったまま首だけを後ろに傾けるタイプ。背の低い日本人は、首が当たって、とっても辛いのです)。
スタイリストさんが、アロマキャンドルに点火して、空間を演出してくれます。
オリジナルのふかふかの膝掛けも、顔にかけてくれるタオルも、全てが日本式で何だか嬉しい。
そして、そのシャンプーの気持ち良さと言ったら!
たっぷり30分はかけて、シャンプーとマッサージをしてくださいました。
(後で説明を受けたところによると、これは「ヘッドスパ」付きスペシャルコースだそうだ)
あまりの気持ちよさに、思わず寝入りそうになりました…

もちろん、カットも素晴らしかったです。
最初はざっくり切って、乾かした後にバランスを見ながら鋏を入れて行くのですが、その鋏さばきが美しい。
何となく話しかけるのがためらわれて、丁寧に黙々と切ってくださるその手元に、ずっと見とれていました。

仕上がりは、もちろん大満足!
あまり手入れをしない私でも、簡単にスタイルが決まるように、そして長持ちするように(8ヶ月持ちます、とおっしゃってました!)カットしてくれました。
今回は、MAYUMIさんに切っていただいたのですが、うわさによれば店長のASAKOさんの技術は「神」だとか。
東京店と行ったり来たりでお忙しいみたいだけど、いつかお願いしてみたいな~。

パリの美容室で満足できず、わざわざ日本でカットしているという方は、ぜひ行ってみてください。
他の日本人経営の美容室に比べると、ちょっとお高いですが、"今"のTokyoを感じられますよ。

・SUPERSTARS
・ASAKOさんのブログ(スケジュールなどはこちらで)
 
テーマ * フランスの生活 ジャンル * 海外情報

 

 

 

 
定年退職年齢と年金受給年齢を引き上げる法案に対する大規模なストで、フランス中が大変なことになってます。

国鉄やパリ市鉄道局の間引き運転は、まあ、いつものように当然あったわけですが、今最も問題になっているのは、製油所とタンクローリーの運転手の組合によるガソリン供給ストップ作戦です。

供給元でブロックされているのだから、スタンドに今あるガソリンがなくなったら給油ができなくなる!こりゃ、大変だ!と、慌てて給油しようとするドライバーで、先週末、ガソリンスタンドはどこも長蛇の列となりました。

DSCN2801_2.jpg
住宅街のど真ん中の、普段は閑古鳥が鳴いている、うちの近所のスタンドでさえもこの通り。
給油待ちの列は、この後ろにさらに50mほど続いていました。

そして翌日には、ガソリンがなくなって閉鎖してしまいました。

DSCN2804.jpg

DSCN2805.jpg
「もうガソリンはありません」の札

昨日は、フランス中で3000以上のスタンドが閉鎖に追い込まれたとか。

ここまで来ると多方面で影響が出て来るので、さすがにまずい。
ということで、昨日、やっと政府が動きました。

警察を動員して、製油所のストライキを強制排除。

おかげで、今日はパリ近郊でも少しずつ開いているガソリンスタンドを見つけられるようになりました。
皆が殺到するので、当然長蛇の列ですが・・・。

明日の夕方からバカンス・ドゥ・トゥッサン(Toussant=万聖節)に入るフランス。
早いところ正常に戻って欲しいものです。

 
テーマ * フランスの生活 ジャンル * 海外情報

 

 

 

 
2週間のバカンスが終わり、月曜日からまた平常の生活に戻りました。
今回のお休みは、日本から私の両親が泊まりに来ていたので、いつもとは違ったバカンスになりました。
その間に行ったところの話などは、また追々。

今日はフランスのお花の写真をいろいろと。
桜はもう終わってしまいましたが、今フランスは色とりどりのお花が咲き乱れて、ほんっとうに綺麗です。

お花見
2週間ほど前の、ソー公園でのお花見風景。
この時はまだ6分咲きぐらいでした。

IMGP1117.jpg

IMGP1132.jpg
満開になった我が家の裏の桜並木。たわわに咲いています。

IMGP1131.jpg
桜並木の中にひっそりと咲いていた可愛いお花。これはりんごの木?

IMGP1139.jpg
郊外に出かけた時にみた菜の花畑の黄色いじゅうたん。

IMGP1271.jpg
このうすいピンクのお花、大好きなんですけど名前が分からないのです。
どなたかご存知でしたら、教えて下さい!

IMGP1310.jpg
ライラックも至る所で咲いています。

IMGP1322_2.jpg
こちらも美しい紫。藤です。近くに寄ると、いい匂い♪

IMGP1326.jpg
ヴェルサイユのお庭で見たアケビの花。
マットなガラスでできたような花びらが印象的でした。

IMGP1419.jpg
<番外編>
花じゃないんですけど、綺麗だったので。
両親を空港まで送って行った帰りに見た虹です。
二重にかかっているのが見えるでしょうか?
こんなにはっきりした虹を見たのは久しぶりで、ちょっと感動しちゃいました。
 
テーマ * フランスの生活 ジャンル * 海外情報

 

 

 

 
早いもので、年が明けてもう10日以上も経ってしまいました。
今日は日本では成人式なんですね~。
私が日本にいた頃はまだ、成人式=1月15日だったので、なんか変な感じ。
ハッピーマンデー制度には、未だに慣れることができません。

さて、今年もフランスで年越ししたmimou家、例年以上に「日本三昧」の年末年始でありました。

まずは昨年の暮れに念願の「ユニクロ詣」を果たし(ヒートテックとブラトップ、ゲーット♪)、ついでにブックオフで小説本を10冊ほど買い込み、KeyHoleTVで紅白を見て、大晦日の夕食は、なぜか我が家では毎年恒例となっているすき焼きでした(夫がそばアレルギーなので、年越しそばはナシ)。
そして、元旦はやっぱり「おせち」で幕開けです。

我が家の男共はおせち料理にあまり興味がないので、昨年は一切作らなかったのですが、なければないでやっぱり寂しい。
というわけで、今年は一応、おせち(らしきもの)を作りました。

IMGP0448.jpg

煮物、お雑煮、お汁粉、煮豚(二種)、紅白なます、白菜漬けなど。
こうやって並べてみると、なんかショボいんだけど・・・
煮豆とか伊達巻きは好きじゃないので、あえて作らず。
昆布巻きも田作りも栗きんとんも材料がないし、数の子や紅白かまぼこは恐ろしく高いからやめ。
フランスで手に入る食材には限りがあるので、これで勘弁!って感じです。
(ちなみに、ふと気付いたら、お料理が載っている器は全て「自作」でした!ちょっと感動)

フランスでは元旦を祝う習慣はなく、大晦日の夜に友人や家族で集まって年越しします。そのため、元旦は皆、飲み過ぎ、食べ過ぎ、騒ぎ過ぎでもうぐったり。町は静まりかえっています。
今年はそういったイベントもなかった私たち。
元旦も普通に起きておせちは食べたものの、初詣にも行けないし、テレビも面白くないし、お店も開いてないし、年賀状が届くわけでもないし・・・
はっきり言って、ヒマ!!!

あまりにヒマなので、「肉まん」作っちゃいました。
なぜに正月から肉まんかって?日本食じゃなくて中華だしって?
まあ、細かいことは気にせずに(笑)。
家族全員の大好物なうえ、珍しく材料が揃っていたもので。

IMGP0457.jpg

自分で言うのも何だけど、美味しかった~。
うちにはホームベーカリーなどないので、皮を手ごねで作らねばならず、それが面倒で滅多に作らないんだけど、久々にやってみたら、「あれ?何で?」って拍子抜けしちゃうほど簡単だった。
その理由は・・・
陶芸をやってるおかげで、こねるのに慣れたから!!
冗談みたいだけど、これ本当なんです。
こね方も良かったのか、今までに作った肉まんの中で一番美味でした。

調子に乗って、翌日はもう一つ作りたかった息子の大好物「カレーパン」を作りました。

IMGP0495.jpg

以前「おネエ★MANS」で見た、マロンちゃんの絶品カレーパンを作ってみたくて、試してみたのですが、
これがまたウマい!!
皮を作る代わりに食パンを使ったり、残り物のカレーにじゃがいもを入れて具を固めたり、手軽に作れるアイディア満載。
しかも、市販のものよりも格段に美味しい!
これなら海外でも食材揃うし、お勧めですよ~。
海外在住の皆様、ぜひお試し下さいマセ。

レシピはこちらで。

翌日に温め直しても、皮がサクッサクでした(^o^)。

こうやって並べてみると、なんか「日本三昧」っていうより、「食いだおれ」って感じですね(苦笑)。
休みが終わってみたら、当然のごとく体重増加しておりました・・・。 
テーマ * フランス ジャンル * 海外情報

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 mimou PARIS, all rights reserved.

mimou(ミムー)


Author:mimou(ミムー)

2000年6月に渡仏。カーデザイナーの夫、'97年生まれの息子と共にパリ近郊に生息中。
2006年より「mimou PARIS」として、オリジナルアクセサリーのデザイン・制作をしています。
ビーズ大好き、手作り大好き、アンティーク大好き。
このブログを通じて、ビーズの楽しさや奥深さ、そして普段着のフランスの香りを少しでもお伝えできたらと思います。

ブログランキングに参加中。
一日一ポチずつ、お願いします!


FC2ブログランキング
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ細工へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
blogram

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Locations of visitors to this page

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。